個別演習

同じ学年の生徒でも、学力は一人ひとり異なります。

学力が異なれば、一人ひとりの学習課題も違います。

学力に合った教材、学力に合ったスピードで勉強します。 

オール4以上の生徒

先取り学習や発展学習に取り組みます。先取り学習とは、学校の進度よりも早く教科書を予習してゆくことです。学校の授業は既に学習した内容を再確認する場となります。

発展学習とは、学校の授業では習わないようなハイレベルな学習です。上位校を受験する場合に必要です。

オール3前後の生徒

前学年の総復習から始めます。英数国は積み上げの科目です。たとえば中2の英語の授業は、中1英語を100%理解しているものとして進みます。従って成績が伸び悩んでいる生徒は、半年くらいかけて中1の学習内容から総復習すればよいのです。これは確実に成績アップします。

オール2以下の生徒

学校への提出物から始めます。学力不足が原因の場合は、ずっと前の学年まで戻って復習する必要があります。漢字練習や計算練習といった基礎学力の向上を図ります。

ただし、不真面目な性格が原因の場合は、本人が改心しない限り成績アップしません。本人がやる気になったときが入塾のタイミングです。